◆フリーランス

お客様の要望はどこまで対応する?

こんにちは。
インテリアコーディネーターの小野まどかです。

 

今日は、講座のグループコンサルの日でした^^

みなさんモニター募集や
プラン作成などどんどん実践的なことをされていて

ご質問もかなり濃いものに!

 

 

わたしも熱量込めてお話していたら
お写真撮るのわすれてしまいました(笑)

 

 

そんなグループコンサルで

現在モニターやっている生徒さんから

お客様からちょっとしたことなんですが
無理難題言われて困っています

どうしたらいいですか?

とご質問いただきました。

 

 

具体的にお話を聞くと

 

自分が提供しているサービス以外のことを

もっとこうして欲しい
こういうのもやって欲しい

と言われてくるそうなんです。

 

 

例えば

わたしはメールを見ないので
LINEでやりとりして欲しい

 

この期間は子供の行事で忙しいので
対応期間外のこの時期まで伸ばして欲しい

 

他のお客さんに比べて
自分の対応は少なくて不満に感じる

 

などなど。

 

 

ん〜〜〜〜〜〜。

これみなさんどう思いますか??

 

 

提供する側の立場で考えると

なんでサービス内容に書いてないことを
言ってくるんだろう、、、

 

と思うんですが

 

その方からすると

自分中心で全部考えてしまっているので
自分の希望通りにならないと嫌なんですよね。

 

 

そして、一番よくないのが

自分がうまくいかない原因を
他人のせいにしてしまうこと。

 

 

お部屋作りがうまくいかないのは

あなたのサービスが良くない
あなたの対応がよくないから

 

と発想がいってしまうんです。

 

 

お客様からご意見いただくことがありますが

これは結構レアケースで
お話聞いたら原因がちゃんとあったんですが

 

この場合どうすればいいかというと

 

自分には合わなかったんだなと割り切って
深追いしないことです。

 

フリーになると

自分でサービス内容を決めて価格を決めますよね。

 

お客様はそれに納得して
お申し込みされるわけです。

 

 

要は、このサービス内容の対価に合う金額をつけているので

 

人によって対応内容を変えてしまうと
それこそ不公平になってしまいますし

 

内容と金額が合わなくなってしまいます。

 

 

お客様から言われたことを

なんでもはいはいと聞いてしまうと

それはマンツーマンの対応サービスになるので
本来ならもっと高額な金額をとらないといけません。

 

 

けど、それを抑えて

サービス内容を決めているので
お客様もそれに納得して申し込んでいる

ということになります。

 

 

生徒さんもどうしようともやもやされていたんですが

このお話して
具体的な対応方法お話ししたら

 

よかった〜とかなり安心されていました^^

 

 

本とかでもよく言いますよね。

 

買って読んだのに
全然いいこと書いてなかった

無駄遣いした!と思うのと

 

 

一行でも自分の心に刺さることがあって
読んでよかったなと思うのとでは

 

圧倒的に後者の方が

人生豊かになります。

 

 

全員が自分に合うわけではないので

自分のことを信頼してくれる人に
最大限できることをして恩返しをすれば大丈夫ですよ^^

 

 

 

\ 新・無料動画レッスンプレゼント/
未経験からフリーのインテリアコーディネーターになって
会社員のお給料越えから理想の月収まで駆け上がる方法を特別公開!


ご登録はこちらからどうぞ
↓↓↓

-◆フリーランス

© 2022 インテリアコーディネーター小野まどかBLOG